1. HOME
  2. 展覧会
  3. VINYL GALLERY
  4. 大島托『一滴の黒 Traveling Tribal Tattoo』刊行記念展 TABU

大島托『一滴の黒 Traveling Tribal Tattoo』刊行記念展 TABU

VINYL GALLERY vol.33
大島托『一滴の黒 Traveling Tribal Tattoo』刊行記念展

“TABU”

会期 2022年6月11日(土)〜6月23日(木)
※会期中無休
時間 平日・土曜 8:00〜22:00 / 日・連休最終日の祝日 8:00 ~ 21:00
※展示販売最終日6月23日(木) は19:00にてクローズいたします。
※当面の間、上記時間にて開廊しています
※会期や開廊時間が変更になる場合には、VINYLオフィシャルサイトにてご案内いたします。
場所 JR東京駅構内 グランスタ東京 1F VINYL内「VINYL GALLERY」
問合せ info@vinyl-store.jp

“TABU”

日本を代表するトライバルタトゥーイスト・大島托による初の著書『一滴の黒 Traveling Tribal Tattoo』の刊行を記念し、本書に収められたKENTA UMEDA撮影による大島の代表的なタトゥー作品のポートレート写真をはじめ、直筆のデザイン画、ハンドペイントによるオリジナルソフビ作品を展示販売いたします。

『一滴の黒 Traveling Tribal Tattoo』

大島托[著]
ケンエレブックス刊 本体2,400円+税 刊行日:2022年6月23日
バックパッカーの小遣い稼ぎから始まった大島托のタトゥーイストとしてのキャリアは、やがて世界各地の民族のタトゥーを求めるフィールドワークとなっていく。各国のトライバルタトゥーをめぐるリアルな歴史、現在を描き出す旅の記録に、KENTA UMEDA撮影による大島のタトゥー作品を収めたエッセイ集。

大島托『一滴の黒 Traveling Tribal Tattoo』刊行記念展
大島托『一滴の黒 Traveling Tribal Tattoo』刊行記念展
大島托『一滴の黒 Traveling Tribal Tattoo』刊行記念展
大島托『一滴の黒 Traveling Tribal Tattoo』刊行記念展
大島托『一滴の黒 Traveling Tribal Tattoo』刊行記念展
大島托『一滴の黒 Traveling Tribal Tattoo』刊行記念展

【プロフィール】

大島托 (おおしま・たく) / Taku Oshima
1970年、福岡県出身。タトゥースタジオ「APOCARIPT」主宰。黒一色の文様を刻むトライバル・タトゥーおよびブラックワークを専門とする。世界各地に残る民族タトゥーを現地に赴いてリサーチし、現代的なタトゥーデザインに取り入れている。2016年よりジャーナリストのケロッピー前田と共に縄文時代の文身を現代に創造的に復興するプロジェクト「縄文族(JOMON TRIBE)」を始動。
【APOCARIPT】 http://www.apocaript.com/index.html

KENTA UMEDA / ウメダケンタ【写真】
1985年東京生まれ。写真家。現代の祈り、異教、踊りと祭り。タトゥーを入れたことでタトゥーの入った身体に興味を持ち縄文族の撮影をおこなう。
https://www.instagram.com/umep85/